格安でホームページ作るならRhapsodieがおすすめ! このバナーをタッチすると専用記事にジャンプします!

飲食店で月100万円稼ぐにはどうすれば良い?【実績有】収益増大の裏ワザ公開!!

当ページのリンクには広告が含まれています。

飲食店で月100万円を稼ぐことは現実的に可能なのでしょうか?

結論から言いますが、、、

99.9%無理です

飲食店経営者様には申し訳ないですが、諦めてください。

 

といっても諦められませんよね?

不可能に近いと分かっていてもやるんだ!

という根性論でどうにかしようと思っている飲食店の経営者様に、少しでも夢や目標に近づけるように、この記事でお勉強していきましょう。

この記事で学べること
  • 月100万円を稼ぐことの難しさ・現実を学べる
  • その上で飲食店経営者が「今すぐ」取り組むこと
  • 必要になる経費と削るべき経費が分かる

格安でHPを作りたい方

安価で高クオリティのホームページを作るならRhapsodie(ラプソディ)がオススメ!

 

買切りタイプのホームページだから保守管理費用が不要で、当サイト限定割引クーポンを使用すると120,000円(税込)という破格の料金でHPの制作が可能です!!

 

Rhapsodieのメリット・デメリットや細かいところまで実際に利用してみて分かったことをまとめていますので、自分だけのHPを作ってみたい方はぜひ参考にしてください!

目次

月100万円稼ぐのがどれくらい難しいのか

この記事を読んでいる経営者様は100万円を稼ぐ難しさをよく理解していると思いますが、実際にどれくらい難しいのか数字で考えたことはありますか?

例)1000円のランチを販売する場合

100万円を稼ぐには1,000皿分のランチを販売する必要があります。

30日間、一回も休まずに毎日営業していたとしても1日に34皿の販売

あなたのお店の席が15席しかないのであれば、2回は満席にしてあげないと無理です。

更にこの売上から「諸費用」が経費として引かれてしまいます。

利益の種類計算方法
粗利益粗利益=売上高-原価
営業利益営業利益=粗利益-販売管理費

例え粗利益率が50%だったとしても2倍の量、つまり毎日60皿を販売しないと100万円には到達できませんし、それだけの料理を作るには従業員を雇うことが必須になりますが、雇っていれば「人件費」が必要になりますので、更にたくさんの販売が必要になるでしょう。

営業利益を考える

営業利益はこんな計算式で求められましたよね。

営業利益=粗利益-販売管理費

販売管理には以下のようなものがあります。

経費として必要になるお金

飲食業界の営業利益は5~7%程度が平均と言われています。

もし自分のお店が5%の利益率だった場合、100万円の利益を出すには2000万円の売上が必要になりますし、ランチを1皿1000円で販売するのであれば毎日670皿程度販売する必要があるので、間違いなく不可能です。

もし本気で100万円を稼ぎたいのであれば最低でも営業利益20%以上は目指してください。これくらいの利益率が出せないのであれば、個人レベルのお店で100万円を稼ぐことは無理でしょう。

営業利益が増えないのには「必ず」原因がある

当然ですが営業利益が上がらないのは「必ず」原因があります。

もちろん立地というどうしようもない問題もありますが、それ以外にもパッと思いつく限りでは次のような様々な要因があるでしょう。

営業利益が上がらない理由

ケース1:売上が少ない場合

この場合で一番考えられるのは、

集客ができていない

という部分でしょう。

1日のお客様の数はどれくらいですか?

もし料理を1000皿売らなければいけなくて、1人あたりの平均注文数が2皿なのであれば、最低でも500人は来店してくれなければダメですよね。集客は大きく2つの要素に分けられます。

集客の要素

看板を設置する

看板は手書き看板や昔ながらの蛍光看板も良いですが、「エアー看板」や「アクションサイン」と呼ばれる空気で膨らませる看板も日本では目新しさがあって注目を集めやすいので魅力的です。

アクションサインは韓国が特許を取得しており、現在日本で正規販売元として販売をしているのはK’s Holdings株式会社だけのようです。問い合わせてみたところ注文が入ってから完全受注生産で好きな写真やイラストを利用できるみたいなので一度相談してみてはどうでしょうか?

ホームページは必ず用意する

Googleマップで気になるお店を見つけた際に、そこにHP情報が載っていたらどうでしょう?更にそのサイトを訪問したらメニューや料金、その他の情報などが載せられていたら、お客様としては来店しやすいと思います。こういったお店の事が気になっているお客様に来店してもらえる為にも、ホームページは必ず用意しておきましょう。

とはいっても自分で作れば時間がかかりますし、制作費が安くても維持管理費という名目で数万円を毎月必要になったり…と、最終的には50〜100万円が必要になる場合がほとんどですよね。そんな少しでも安くホームページを外注したい方におすすめのサービスとしてRhapsodieというものを先日ご紹介しました。一度無料で相談してみてはいかがでしょうか?

その他の集客

上記の2つの集客方法は初期費用が高いですが、継続的に費用がかかるわけではなく、長期的に見ればかなりお得に準備できるので、絶対に用意するべきものになります。

その一方で「ビラ配り」「ポスティング」「新聞への掲載」「Google広告」などの直接的な勧誘方法も非常に効果的ではあります。ただしこれらの方法で集客を続けていると経費がかなり必要になってきますので、できるだけ早めに集客を済ませてリピーター率を高めてあげる必要があるでしょう。

価格設定が適正でない場合も売上が少なくなります。特に安い場合は要注意です。現代の機械技術はかなり進化しており、価格競争ではチェーン店に絶対に負けます。そのため「あえて」少し高い金額設定にしてあげて、その分この店でしか楽しめない雰囲気や空間などの付加価値をつけてあげる方が良いでしょう。

付加価値についてはこちらで解説していますので参考にしてください。

ケース2:経費が高い場合

ここまで営業利益が伸びない原因として「売上が少ないケース」について考えてきましたが、もちろんどれだけ売上が大きくなっても、経費が増えてしまっては利益は伸びません。

経費が高い

適正な人件費を考える

経費が高い理由も様々な事情があると思いますが、ほとんどの場合で一番高い経費は「人件費」でしょう。もちろん個人営業のお店であれば今まで必要なかった経費にはなりますが、月100万円以上を稼げる程の繁盛具合であれば、1人で店を回すことは難しくなるのでアルバイトなどの従業員を雇う必要が出てきます。

ただ従業員を1人雇うごとに最低でも20万円程度は費用が必要になるので、可能な限り最小限の雇用で押さえておきましょう。この人件費を少しでも抑える方法としては「店舗マニュアルの作成」「教育環境の整備」「経営者が率先してシフトに入る」「無駄な時間を徹底的に無くす」といった当たり前のことを徹底する必要があります。

特にランチ後〜ディナー前のようなアイドルタイムに従業員が複数いるような状態を減らしたり、平日・休日・地域のイベントなどの環境で来店数を予測することで適正な従業員数を常に確保する事が重要になります。少ない従業員数で働いてもらうためには教育の徹底やご褒美としての賄い料理の支給なども良いでしょう。

広告宣伝費を抑える

先ほど売上が少ない場合には「広告」や「クーポン」などの集客が重要と説明しましたが、この広告宣伝費が利益を阻害する大きな原因にもなります。せっかくお客様が来てくれて売上が伸びているのに広告費のせいで利益が少ない、薄利多売の状態にならないように注意する必要があります。

例えば売上予測が50万円で広告費用以外の経費予測が20万円かかったとしましょう。

もし広告を出さない場合は営業利益率は40%です。営業利益率の最低目標は20%だと先ほど説明しましたので、もしこのような場合は20万円までなら広告費用として使えます。

  • クーポンの値引きに必要な費用が12万円
  • チラシ作りに5万円
  • ビラ配りの従業員に1日5000円で毎週土曜日(4日間)で2万円

こういった内訳をしっかりと予測しながら、最終的には営業利益率が20%を下回らないように調整する事ができれば、100万円以上を稼ぐことも現実的になると思います。

常に数字を意識して営業していきましょう!

その他要因

他にも仕入れコストが高い場合は、営業利益どころか粗利益額も少なくなるかもしれません。仕入れコストを抑えることは困難な場合が多いので、そういった時はメニューの価格を見直しましょう。粗利益率は最低でも40%を下回らない(できれば50~60%を目指す)ように意識しながらメニュー価格設定を見直してあげることで、販売管理費にお金を回す事ができて利益の増大が望めます。

また可能な限り消耗品を使わない工夫(割り箸の廃止や洗剤、水の節約など)をすることも重要です。正直消耗品にかかる費用が多少改善された所でそこまで大きく利益が変わることはないのですが、毎日たったの130円程度でも1年間続けられれば5万円の節約ができますし、もし10年間お店が続けば50万円の余分な費用をカットできます。チリも積もれば山になるので、少しずつ改善していきましょう。

100万円を稼ぐための裏技

前章では営業利益が伸びていない原因について解説しましたので、店舗経営者様はご自身の店舗で何が足りないのかが見えてきたかと思います。

ただこれらをクリアしても100万円という大きな目標を達成するのは困難でしょう。そこで私や私の周りの仲間が試していて、実際に成果が出ている手法を4つ紹介します。

裏技1:付加価値を見いだす

先ほど価格設定をする際に「あえて」少し高い金額に設定してあげることが大切だと伝えましたが、ただ価格だけが高くなってもお客様が離れてしまい利益が増えることはありません。

その為お店に特別感を与えてくれるような「付加価値」をつける必要があるでしょう。

例えば私の友人が経営している喫茶店を例にみていきます。

  • モーニングを注文したら好きな楽曲を店内ミュージックで1曲流せる
    • お客様だけの素敵な時間をて提供
  • ランチを注文した人限定で公式LINEからモーニング20%OFFクーポンが貰える
    • モーニングへの誘導&公式LINEへの誘導
  • ディナーを公式LINEから予約すればテレビで好きなDVDを流して店内の皆で楽しめる
    • 予約を促して見込み顧客の確保&公式LINEへの誘導

この3つのサービスを実施することで、売上が昨年比160%にまで増加したとのことでした。

ここで重要になってくるのが、お客様が幸せになる空間を付加価値としてプレゼントしているのにも関わらず、経費として必要になっているのが20%OFFにした費用のみ。公式LINEは無料でも作れますし、音楽はApple Musicのようなサブスクに入っていれば好きに利用できる。またDVDに関しても持ち込みをお願いしておけばこちらで用意する手間すら省けます。

適当に有線やBSを契約して流すくらいなら、このように付加価値にしてしまうのも手だと思いますし、誕生日ムービーを流してサプライズイベントをしたいと思っているお客様がいるのであれば、店全体でお祝いすることだって可能です。

経費が必要なくてお客様が楽しめる空間という最高の付加価値を考えてみましょう!

裏技2:高額商品を提案できるようにしておく

この記事では最初から「1000円ランチ」を例にして書いていましたが、そもそもこの金額が高級になればなるほど、目標の100万円を達成するのは簡単になります。

例えば『予約限定!7000円超贅沢和牛コースランチ』のようなメニューを考えたとしましょう。もしこの商品が1日5食売れれば、それだけで売上が月100万円を超えますので、そこから通常メニューも合わせると利益で100万円を出すことも可能でしょう。

普通7000円のランチなんて「誰が食べるねん!」と思うと思いますが、世の中には様々な需要があります。

例えば職場の好きな後輩をランチに誘った時、もしその後輩が誕生日だったら贅沢したくないですか?他にも結婚記念日だけど夕方には時間を作れないような夫婦もいるかもしれませんし、月一回の贅沢をしたいと考えているお客様がおられるかもしれません。

そういった方々向けに最高級の素材を用いた最高の料理を振る舞う事ができれば、1日5食程度ならなんとかなりそうだと感じると思います。

ここで重要になってくるのが「予約」と「キャンセル時の対応方法」を徹底する事です。予約制にしておくことで適切な量だけを仕入れる事が可能ですので、高級な食材が無駄になるリスクを減らせます。また友人が営んでいるお店では、予約後のキャンセルは原価分の料金を頂くことを了承してもらった上で予約を取っていますので、最悪の場合でも赤字になる可能性が低くなります。

予約システム自体は公式LINEから承るだけなので簡単だと思いますし、材料が調達できるかどうかの問題さえクリアできる環境や人脈があれば、一度挑戦する価値はあると思います!!

裏技3:オンラインストアを利用する

オンラインストアを開設するのも大きな収益源になる可能性があります。

喫茶店であればコーヒー豆の販売を売れますし、レストランであればお家でお店の味を再現できる食材セットに簡単なレシピを付けてあげるというのも悪くないでしょう。オンラインショップを開設できるサービスを利用するのも良いですし、完全オリジナルで自分だけのオンラインショップを制作しても良いと思います。

初期費用こそいくらか必要になるものの、将来的に100万円を稼ぐためには、店舗販売だけではかなり厳しいので、少しでも多くの収益源を用意してあげることをお勧めします。

オリジナルオンラインストアは下記サービスで制作できます

とりあえず簡単に開設したいなら下記サービスもお勧め!

サブスク販売も簡単に可能です!

裏技4:教える立場になってしまう

正直これが最強です。

現役の飲食店のオーナーから直々にコンサルをしてもらえる環境って実は少ないと思いませんか?

飲食業界では未だに「師匠の技を見て学ぶ」事が美しいとされているので、調理師学校こそあるものの、その先コンサルを受けられるような環境は非常に少ないです。また料理について学べる環境は探せば少ないながらもありますが、そこから経営方法や稼ぐために必要なノウハウまでを経営者本人が教えてくれるサービスは、需要は大きいでしょう。

もしこれを読んでいる経営者様で少しでも教えるのが得意、または講義資料を作るのが得意と感じている人がいるのであれば、今すぐにでも取り組むことをお勧めします。

まとめ

この記事では、飲食店が100万円を稼ぐためにどうすれば良いのか、最低限必要になる部分を解説していきました。

もちろんこの記事に書いていることを全て実行しても飲食店で月収100万円を達成することは容易ではないですし、ほとんどの経営者様が挫折することになるでしょう。

それでも挑戦しなければ達成できる可能性は0%ですので、目標は高く設定して、それに向かって一緒に頑張りましょう!!

RSSの追加で最新情報をお知らせします!

当サイトでは、店舗・企業様にオススメのサービスの情報や、ホームページ関連の記事、また個人向けの副業情報などを配信予定です。

RSS機能を使って、スマートフォンに保存しておけば、最新の情報がチェックできますので、ぜひ追加をお願いします!!

Apple Store等で「RSSリーダー」と検索すれば簡単に使えるアプリがあります。それをインストールして、当サイトURLを追加するだけですので、試してみたください!!

この記事を友達にシェアする
目次