格安でホームページ作るならRhapsodieがおすすめ! このバナーをタッチすると専用記事にジャンプします!

新SNSのThreads(スレッズ)の使い方&ビジネス運用・活用方法【2023/07/07速報版】

当ページのリンクには広告が含まれています。

先日、メタ社(Instagramや facebookの会社)から新しいSNSがリリースされました。

TwitterがAPI制限を設けた事により、オワコン化に拍車が掛かっていると炎上気味だったタイミングでの、新しいSNSの登場。

しかも内容がTwitterに酷似しているという事もあり、かなり話題になっていますよね。

ただまだリリースされたばかりで情報が点在しておりますので、かなり戸惑っている方も多いように見受けられます。

また、このブログが副業やビジネスについて取り扱っているサイトになりますので、もしかしたら察しの良い方は

A子ちゃん

このSNS、ビジネスに使えそう🧐

と思った方もおられるのでは無いでしょうか。

 

今回は、今かなり話題になってるThreads(スレッズ)の登録方法や使い方、またビジネスとしての活用価値などを一挙にまとめてご紹介致します!

この記事で分かること
  • Threads(スレッズ)の操作方法
  • 「出来ること」と「出来ないこと」
  • 他のSNSとの使い分け
  • フォロワーを伸ばす方法
  • ビジネスに活用する方法

ブログで稼ぎたいならコレ!

 

ブログで稼ぎたいけど1人じゃ難しい…

スキルやノウハウをもっと勉強して高みを目指したい!

 

ブログを通してネットリテラシーについて学びたい

という方にはオンラインスクール、『36’sリテラシースクール』がおすすめ!

 

ブログの解説の仕方〜基礎の勉強・応用スキルを講義資料で学べる他、マンツーマンでのzoomや音声通話・チャットなどで講義をしてくれます。

 

1ヶ月たったの1万円でブログで稼ぐ方法が身につきます!

 

ぜひ下記のボタンから詳細を確認してみてください!!

目次

Threadsとは

改めてThreads(スレッズ)について、概要を簡単にまとめておきます。

Threadsは、クリエイターでも、気軽に投稿したい人でも、リアルタイムの近況や他の利用者との会話を楽しめる新しい場を提供することを目的としたSNSです。

Meta社では、今後、オープンで相互運用可能なソーシャルネットワークがインターネットの未来を形作ると言われており、その第一歩としてThreadsがリリースされたものと思われます。

Threads(スレッズ)の始め方

使用にはInstagramアカウント必須になります。まだお持ちでない方は先にInstagramのアカウントを作成しましょう。

Instagramのアカウントを既にお持ちの方は、

お使いのスマートフォンにアプリをインストールした後、アプリを立ち上げてみましょう!

あとは分かりやすいアナウンスがありますので、それに沿ってInstagramのアカウントを連携させてあげれば、自動的にアカウントが作成されます。

現在までに分かっている情報

まだ正式なリリースから数日のThreads(スレッズ)ですが、既にかなりの情報が分かってきています。

とはいえまだまだ不明な部分も多いので、あくまで「参考程度」で、meta社からの正式な情報をお待ちください。

ここからは2023/07/08現在の情報になります。

Threads(スレッズ)のプロフィールについて

Threads(スレッズ)のプロフィールは、変更できる部分とできない部分があります。

ユーザー名

ユーザー名は変更できません。(Instagramのユーザー名に依存する)

プロフィール画像

プロフィール画像(トプ画)は自由に変更可能です。

自己紹介

自己紹介も画像と同じく自由に変更可能です。Twitterと違う点はここの欄にリンクを貼れない(正確には貼ってもリンクとして認識されない)という点です。もしリンクを貼る場合は、次に紹介するリンクを貼るスペースに貼り付けましょう。

プロフィールに貼れるリンク

プロフィールに貼れるリンクは1つまでになっております。

もし複数リンクを貼りたい場合、私のようなブロガーなら専用ページを作成するのも良いですが、他の方はリットリンクなどの複数リンクを管理できるサービスを利用することをお勧めします!

アカウントの公開設定

Threads(スレッズ)では、他のSNS同様に公開・非公開の設定が可能です。

設定管理画面から探さなくてもプロフィール編集ページで設定ができますので、分かりやすいですよね!

Threads(スレッズ)の投稿機能について

Threads(スレッズ)では、全角500文字まで投稿可能と思われます。また写真は全部で10枚添付することが可能(動画は5分)で、Twitterとは違い横スクロールで見ることが可能です。

このような贅沢な使い方をすることも可能!
参照:koki_komai 様
管理人

漫画家さんやイラストレーターさんにとっては、通常の本のような感覚で読み進めてもらえるので非常に便利な機能ですよね!

メンション(タグづけ)可能で、URLも1投稿に対して1つまでなら貼ることができます。ブログの記事などはもちろん、TwitterのURLを貼ることも可能ですので、両方のアカウントを同時に育てるなんてことも可能かもですね!

投稿後の編集は不可になるので、投稿をする際にはしっかりと内容をチェックしましょう!

Threads(スレッズ)の再投稿機能

Threads(スレッズ)には「再投稿」と言う名前の機能があります。Twitterで言うところのRT(リツイート)のようなものですね。引用再投稿も可能なので、本当にTwitterのような感覚で使用が可能です!!

また「いいね」をつけることも可能です。ただしいいねした投稿を一覧で確認する機能は現在実装されていないため、あくまでユーザーを応援するといった意味でのみの活用になるかと思います(いいねされると通知が来るため、認知されやすくなると言う点ではメリットになるかも…)

検索機能について

残念ながらThreads(スレッズ)ではハッシュタグや特定のキーワードを検索する機能は備わっておりません。そのため、TwitterやInstagramのようなキーワードを入れて発見してもらうといった活用は難しいです。

ただし、名前での検索は可能ですので、あなたがどういった人かをユーザー名で表してあげると良いかもしれません!

管理人

例えばブロガーの場合、「〇〇@ブロガー」といった形でユーザー名を決めてあげると良いかと思います!

保存やブックマーク機能はなし

いいねが一覧で確認できないと解説しましたが、投稿の保存やブックマークもできません。そのため一度探せなくなった投稿は、現状ほぼ確実に見つけられないということになります。

対策方法としては、「投稿を共有しておく」「再投稿機能を使って自分の投稿から確認できるようにする」などの方法を使いましょう。

管理人

ちなみに私は上記の方法が面倒くさいと感じるので、気になる投稿は全てスクショで残しています🤭

Threads(スレッズ)のシェア機能について

Threads(スレッズ)では、再投稿機能を使って自分のフォロワーにシェアする他にも以下のようなシェア方法があります。

Twitterへ直接シェアする

投稿下部にある紙飛行機ボタンをタッチすると、「ツイート」と言うメニューがあると思います。

そこを押すと自動でTwitterに遷移してツイートを作成してくれます!

Twitterにシェアをすると、一部文章が引用されて、最後にリンクが表示されます!

現在、Twitter社CEOのイーロン・マスク氏はmeta社を訴える方針らしく、かなり毛嫌いしております。

それに伴いTwitterにも影響していて、Threads(スレッズ)の名前を出したりリンクを貼ると、アカウントがシャドウバンにあったり、おすすめに表示されないようになるなど、デメリットも多く報告されております。

もしリンクを貼る際はデメリットを理解した上で共有しましょう!

他の方法でシェア

もちろん、スマートフォン搭載の標準共有システムを利用してシェアすることも可能です。

リンクをコピーしたりLINEに送信することが可能になります!

ストーリーやフェードにシェアができる

Threads(スレッズ)で投稿した内容は、そのままInstagramのストーリーやフェード内にシェアすることが可能です。

写真はInstagramで仲間と交流しながら、文章を使う際はThreads(スレッズ)を用いるといった運用をする場合、簡単ににそれぞれのSNSを行き来できるので使い勝手はかなり良いかと思います!

フォローしている人のみの投稿を見ることはできない

Threads(スレッズ)では、自分がフォローしている人と、その人がフォローしている人までがタイムラインに表示される仕組みになっているようです。

ただTwitterのように、全く関わりのない人でもオススメとして表示されるわけではないので、比較的見やすい設計ではあります。(今のうちだけの可能性が高い)

非表示、ミュート、ブロックが可能

他のSNS同様にThreads(スレッズ)でもこれらの対応が可能になります。

嫌な絡み方をされたり誹謗中傷をしているようなアカウントはミュート(またはブロック)しちゃいましょう!

Threads(スレッズ)でビジネスは可能なのか

最近ではSNSによるインターネットビジネス(昔風に言うと情報商材ビジネス)がかなりブームですよね。

以前も「もんぐち社長」や「がくとさん」といった方々のビジネスについてレビューをさせていただきました。

こういったSNSを活用したビジネスは、Threads(スレッズ)でも可能なのでしょうか?

結論:現時点では難しいが今後は…

結論としては現時点ではかなり難しいでしょう。

と言うのも、Threads(スレッズ)では「検索機能」や「タイムライン」などのシステム面がまだまだ不十分ですので、例えとっても良い内容を発信していたとしても、それが周知される可能性はかなり低いように感じます。

このシステムのままでは、どれだけ頑張ってコンテンツを作成したとしても、実際にThreads(スレッズ)から見込み客を集めることは厳しいでしょう。

ただし周知されやすくなる方法もいくつか見つかっていますので、後ほど解説します。

ガイドラインでビジネス運用を禁止している?

Threads(スレッズ)の利用規約内にこういう記述があります。

商業目的でThreadsサービスを活用すること

Threadsサービスでの禁止事項

これに関してはFacebook Japanに問い合わせてみたところ、規約の翻訳にミスがあるそうで、正しくは商用目的での悪用を禁止すると言う意味合いだと明かしています。

つまり「悪用」でなければ問題ないと言うことです。

ただここら辺は少し曖昧でして、詐欺といった明確な悪意のあるものなら該当するでしょうが、コンテンツビジネスはその中身をしっかりと精査しないことには詐欺かどうかの判別は付きにくいと思います。そのため特に有益な発信もしていない、フォロワーからの評判もそこまで良くないようなアカウントでコンテンツ販売を開始してしまうと、垢BANされるリスクはかなり高いかと予想されます。

ひとまずは様子見をしながら、今のうちにアカウントを育てるという方向性が良いのではないでしょうか?

フォロワーを増やす方法

Threadsで一番簡単にフォロワーを増やす方法は、

Instagramからの流入

になります。

Threadsでは現在検索機能が不十分なのに対して、Instagramはハッシュタグなどかなり充実しています。そういったSNSと連携が取れるため、インスタグラムを伸ばすことで、比例的にTheadsのフォロワーも伸ばすことが可能でしょう。

また、フォロワー数の多いユーザーからフォローされるのも効果的です。

既に「相互フォロー」を行い大量フォロワーを獲得しているユーザーも複数確認されています。そういった方と相互フォローになることで、そのユーザーが持っているフォロワーのタイムラインに自分の投稿を載せることができる。現時点ではこれがフォロワーを伸ばす方法としては効果的だと考えられます。

管理人

他には、認知されると言う点では、著名人の投稿にリプを送るのも効果的ですね!

Threads(スレッズ)のまとめ

現時点で私が把握できているスレッズに関する情報をまとめました。

まだまだ不明な点も多いですし、今後どんどん情報が出るにつれて、この記事に書いている内容とも相違が出てくると思います。

定期的に修正はしていきますが、あくまで参考程度に考えていただいて、公式からの最新情報を楽しみにしましょう!!

情報に誤りがあった場合は、コメントを頂けますと幸いです!!

RSSの追加で最新情報をお知らせします!

当サイトでは、店舗・企業様にオススメのサービスの情報や、ホームページ関連の記事、また個人向けの副業情報などを配信予定です。

RSS機能を使って、スマートフォンに保存しておけば、最新の情報がチェックできますので、ぜひ追加をお願いします!!

Apple Store等で「RSSリーダー」と検索すれば簡単に使えるアプリがあります。それをインストールして、当サイトURLを追加するだけですので、試してみたください!!

この記事を友達にシェアする
目次