格安でホームページ作るならRhapsodieがおすすめ! このバナーをタッチすると専用記事にジャンプします!

『オンラインカジノで儲かる』というのは嘘?儲かると囁かれる理由を徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

少し前に山口県阿武町で、町内の対象者に給付される予定だった国の臨時特別給付金4630万円を誤って1人の住民に全額振り込んでしまったというトラブルが発覚しました。その時に「振り込まれたお金はオンラインカジノで使った」と返還を拒絶したことで世間を騒がせた事件で、これによってオンラインカジノの存在を日本国民のほとんどが知ることになりました。

この事件でオンラインカジノの存在を知り「自分もしてみたい」と思った方も多いのではないでしょうか?

ただ日本では賭博が法律によって禁止されているため、なかなか手を出しにくい分野でもあり、逆にいうと参入者が少ない今だからこそ稼げる可能性が無限大に秘められている分野でもありますよね。

今回は、「副業」としてオンラインカジノで稼ぐことは可能なのかという点に焦点を当てて、法律的な部分や副業としての有用性など様々な観点から解説していきたいと思います。

この記事で学べること
  • オンラインカジノが犯罪に該当するのか。
  • 副業として利用することは可能か。
  • 安全でかつ稼ぎやすいサイトはあるのか。
目次

オンラインカジノの基礎知識

オンラインカジノには様々な法律によるしがらみがあり、日本国内で安全安心に稼ぐことは難しいです。ただ今から伝えるいくつかのルールをしっかりと守ってあげれば稼ぐことは「不可能ではない」ですので、しっかりと頭に叩き込んでください。

大前提:オンラインカジノは犯罪?

いちばんに気になるのは法律的に大丈夫なのかという点でしょう。

結論を言うと「日本国内でオンラインカジノに接続する」ことが賭博罪に該当するため犯罪になります。オンラインカジノの運営元が日本にある場合は犯罪ですが、例え海外にあったとしても成立しますし、更に常習性が認められた場合は「常習賭博罪」という罪に該当し懲役刑も課せられます。

運営元が海外だから犯罪にならないと言う考え方はあくまで「運営側」の話です。海外のオンラインカジノでも、パソコンやスマホを使って日本国内から参加した場合は、国内で犯罪が行われたことになるので違法です。

ここまで説明して分かったと思いますが、日本でオンラインカジノを副業にして稼ぐことは法律の観点から難しいでしょう。ただ賭博罪の法律にはある落とし穴(というか抜け道)が存在します。そもそも賭博行為は開催側となる胴元・ディーラーと参加者がそろって成立するため、開催側が違法でなければ参加者も処罰できないのです。

なぜ犯罪であるのにも関わらず処罰が下されないのか。それは法律ができたときはネット上で賭博ができることを想定されていなかった為、わざわざそんな文言をつける必要がなかった為です。今後の法改正によって変更になる可能性もありますが、現在(2023/02/27)時点では海外に運営元がある場合はオンラインカジノで裁かれる可能性は限りなく低いということです。

ただし犯罪かどうかという点のみで考えれば、専門家の中でも意見が分かれていますしグレーゾーンな部分ですので、当サイトではオンラインカジノを推奨することはなく、またこの記事はあくまで現在時点での事実関係をまとめただけの記事になります。もしされる際は自己判断でお願いします。

こんなオンカジの誘いは嘘です

オンラインカジノがグレーゾーンだという話をしましたが、この話をうまく利用して、友人や家族を執拗に勧誘する方が一定数存在します。

ちなみに誰かを紹介するのは、オンラインカジノの運営元が高還元率のキャッシュバックをしている場合が多く、一種のネットワークビジネスに近い形になっている為です。

そういった人たちが勧誘する時によく使う謳い文句として、このような文言があります。

  • 自分たちがサポートするから絶対儲かる
  • 入会金は20万円から30万円(2倍儲かるコースは76万円!)
  • 消費者金融で借りてもすぐに返せる

はっきり言いますが、

こういう甘い言葉を囁いている儲け話は全て詐欺です。

特にオンラインカジノは「ギャンブル」の一種になるので当然ですが100%稼げることは絶対にありません。もしこういった保証やサポートを謳って勧誘してくる人がいたらこういってやりましょう。

契約書を作るのでそこにサインと印鑑を押してくれるなら良いですよ

サポートするし絶対儲かるのであれば契約書を作っても何の問題もないはずです。それができないのであれば間違いなく自分の利益だけを考えている人なので縁を切ってしまいましょう。

必勝法は鵜呑みにしない

カジノの必勝法としてよく耳にする方法に「マーチンゲール手法」があります。

マーチンゲール手法

2分の1の確率で勝てるゲームで例えば10円をかけたとします。そのゲームで勝った場合はもう一度10円をベット、負けたら倍の20円にして再度ベットを繰り返す手法です。

勝つまで繰り返せば「必ず10円勝てる」のですから理論的には必勝法と言えるでしょう。

これが机上の空論でしかないことは知っている方も多いと思いますが、これが現実では成功できない方法と言われているのは「資産が有限」だからです。

もし資産が10,000円の場合、この手法を使って破綻する確率は512分の1、つまり約0.2%の確率で次の軍資金がなくて破綻してしまいます。500回くらいゲームをしてたら1回は破綻してしまうような不安要素しかない手法を使えば間違いなく負けてしまうのは明白です。そもそもここまでリスクがあるのに、勝った際の利益がたったの「10円」なのですから、やる価値がありません。

他の手法も理論上は稼ぐことが可能ですが、あくまで「机上の空論」でしかないので注意しましょう。唯一稼げる方法としては「カウンティングがありますが、これも対策されているオンラインカジノが多いのでかなり知識がないと難しいです。

それではどうやったら副業として少しでもリスクを減らして稼ぐことができるのか。気になる部分を次の章で解説していきますので、引き続きお付き合いください。

オンラインカジノで稼ぐ方法

まず前提として「カジノで勝って稼ぐ」という事は諦めましょう。必勝法も使えなく、カウンティングも難しいようなオンライン上のカジノで稼ぐことは不可能です。

それではどうやって稼ぐのか、その答えは1つです。

カジノ運営からのキャッシュバックで稼ぐ

これ以外に稼ぐ方法はありません。

ここでは例として最近少しずつ知名度を上げていて話題にあがりつつある『Tzedakah Game(ツェダカゲーム)』というオンラインカジノを参考にします。

ちなみにこのサイトは正確には「カジノゲーム」のサイトらしいですが、詳細は他の方の記事を参考にしてみてください。こちらのサイトであれば公式LINEから無料で相談もできるみたいです。

ツェダカゲームには「Tzedakah Club」という有料クラブ会員があるのですが、それに加入すれば毎月の報酬や臨時ボーナスのようなものがあるようです。これはオンラインカジノによくあるネットワークビジネスのようなシステムで、この手の話が苦手な方も多いと思いますし、前提として誰かを紹介しないと稼げないのでカジノで稼ぐという論点とは少し違うでしょう。

ただこのツェダカクラブにはもう一つ少し特殊なボーナスプランがあるようで、

勝ちベット数に合わせてもらえる報酬

というのがあります。

内容が少しややこしいので簡単にだけお伝えしますが、

要はカジノでレベリングして、そのレベルに応じてカジノの利益から全体に分配する

というものです。ボーナスでもらえる金額は300TP→900TP→2700TPと勝つごとにレベルが1つあがり、もらえる倍々に報酬も増えていきます。(1TP=1ドル相当とのことです)

参照:Tzedakah Fishing Club

このボーナスは1回ごとの「勝敗」にのみ反映され、最終的に赤字になっていたとしても報酬が発生するそうです。ということはですが、2分の1の確率のゲームにひたすら同額ベットをし続けていれば理論的には低リスクで高いリターンを得ることも可能です。少なくともマーチンゲール法のような確立の低い手法に頼るよりはよっぽど良いでしょう。

こういったオンラインカジノの勝敗に関係なく稼げるようなサービスを利用すれば、副業として稼ぐことは十分に可能です。

Tzedakah Gameの安全性についての考察

オンラインカジノをする上で一番の障壁となるのが、運営母体の所在地でしょう。運営母体が万が一にでも日本にあった場合、犯罪として検挙される可能性が格段に高まります。

Tzedahakah Gameはビーチやワインで有名なキプロス共和国の首都、ニコシアに所在地を置いているようで、ネット上でもゲームライセンスの証明書が確認できました。ゲーミング監視機関のCURAÇAO EGAMING(キュラソー・イーゲーミング)という世界で最も歴史の長いオンラインカジノの監視機関が発行するライセンスを取得しているようで、CURAÇAO EGAMINGでライセンスを取得しているオンラインカジノは信頼度と安全性が高いと言われているので、カジノとしての信頼性は高いのでしょう。

Tzedakah Gameのデメリットは?

私自身がゲームに登録しているわけではないので、内部的な部分は分かりませんが、ネット上に上がっている賛否の意見を客観的に判断してデメリットをまとめてみました。

  1. 執拗な勧誘をする人が一定数いる
  2. ボーナスの概要などが難しく、慣れるまで難しい部分がある
  3. ポンジスキームと言われて怪しいビジネスのように扱われている

といったところでしょう。

まず先ほどのお得なボーナスを受け取るためには「Tzedhakh Club」という有料サービスに加入する必要があります。1口1000ドルで最大3口(3000ドル)まで加入することができるみたいですが、3口の際のメリットが大きすぎるのでもしクラブ会員になる場合は3口が安牌なのでしょう。

そしてここからが世間的に問題になっているのですが、

友人を誘った際にキャッシュバックをもらえるのですが、その金額が加入額の20%、例えば友人が3000ドルで加入した場合は600ドル(約8万円:2023/2/27現在)とかなり高い還元率を誇っており、そのため執拗に友人や家族を紹介する人が後を経たないそうです。そもそもネットワークビジネスの一種で、マルチレベルアフィリエイト(MLA)に該当するものですので、強引なやり方は御法度ですが所在地が海外にあるため法的な対抗手段がないのが現状です。

もちろん稼げる可能性が非常に高いプランもあるので使いこなせればカジノゲームからのボーナスで稼ぐことも可能だとは思いますが、ボーナスの種類が多くて内容がややこしい上に、きちんと説明してくれる人が少ないなどの障害が多すぎて、せっかくのボーナスを使いこなせていない方もいるのでしょう。

それぞれのボーナスには異なる出資先が指定されており、加入金の一部や売上など様々です。そのためポンジスキームのような詐欺には該当しないのですが、そういった内容もしっかりと理解できないと判断が難しく、そのためポンジスキームや詐欺といった関連ワードが頻繁に検索されているようです。

とはいっても当サイトでは実際に検証したわけではなく、世間的な情報を客観的に判断しているだけですので、される際は自己判断で色々な方の情報を参考にするのも良いと思います!!

先ほどの方の記事を使い回させていただきますが、、、

この記事の中に公式LINEが貼ってあり、そこから無料でお問い合わせができるみたいですよ。

ちなみに期間限定で「加入金額の20%キャッシュバック」もしているみたいので、もし登録する際はこういったサイトを利用すると少しはお得に加入できるのではないでしょうか?

ちなみに50%キャッシュバックを謳っているサイトが複数ありましたが、実際に内容の確認のため問い合わせても返信なしでした。どうやらキャッシュバックはファーストボーナスというボーナスから支払いしているようなのですが、少し前に期間限定で50%になっていた頃があり、その際に変更したままのが残っているみたいです。

基本的には20%以上はもらえない、または持ち逃げされる可能性もありますのでしっかりと連絡が取れて信頼できそうな紳士な方にお願いしましょう。

最後に

今回はオンラインカジノを副業として稼ぐことは可能なのか、という点をお伝えしました。

最後に紹介したTzedahak Gameが一番収益化には向いてそうなので詳しく調べてみましたが、投資案件に100%儲かるものはありませんし、そもそも法律的にグレーゾーンなものには違いありませんので、よく調べて自分でいけると判断した方のみが試してみると良いと思います!

RSSの追加で最新情報をお知らせします!

当サイトでは、店舗・企業様にオススメのサービスの情報や、ホームページ関連の記事、また個人向けの副業情報などを配信予定です。

RSS機能を使って、スマートフォンに保存しておけば、最新の情報がチェックできますので、ぜひ追加をお願いします!!

Apple Store等で「RSSリーダー」と検索すれば簡単に使えるアプリがあります。それをインストールして、当サイトURLを追加するだけですので、試してみたください!!

この記事を友達にシェアする
目次