格安でホームページ作るならRhapsodieがおすすめ! このバナーをタッチすると専用記事にジャンプします!

【つぶやき】「子育て応援記事」なぜ?魔の7歳は車にひかれるのか

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは!Web Service Blogです

子どもの交通事故のお話しです

魔の7歳」と言われる時期が有るのはご存知でしょうか?

親の手を離れ、

一人で学校まで歩ける自信が増える時期がそれにあたります

いちばん交事故に遭いやすいことから“魔の7歳”と言われています

では

魔の7歳から自分の子供をを守るために必要なこととは何か。

魔の7歳と言われる時期は

警察の交通事故データーから


1年間で起きた中学生以下の子どもの歩行中の事故では

“魔の7歳”にあたる小学1年生の死傷者数が飛び抜けて多くなっています

警察も

とくに小学生になったばかりの時期は


事故が増えやすいと注意を呼びかけています

7歳は、小学校1年生にあたります

今までは、保育園、幼稚園、こども園などには


親の送り迎えが今では常識ですよね

どこに行く時も親がそばにいて危険を常に監視できますが

1年生になったとたんに


いつの間にかお兄ちゃんやお姉ちゃんへ変身してしまうんです

もう一人で行動できるんだからと


親が子供への目と手を離しがちというのが7

子どもが一人で行動することが増えることから


事故に遭いやすい

うちの子も7歳の時は信号の色はわかるが


なぜ止まっていないと行けないの?

黄色信号は進んでもいいか、止まっていてもいいのか?

大人では理解できていない場面も多いのです

また

標識が読めなかったり

車はなぜウインカーのピカピカを出すの?とか


意味が分からなかったり

青信号でも


右折車や左折車が横断歩道を横切る可能性がある事を説明しても

なかなか理解できなかった時も有りました

大人の常識は子供には理解できていない場合が多いんです


大人は必ず言いますよね

横断歩道、車の間から出る時など「よく確認しなさい」と注意しますが

子供なりによく見て行動しているんです

それでも事故が起きるということは

 

大人の常識は子どもにとっては常識ではないということです

大人にとっては常識のため、子どもに教えていないことが多いといいます

例えば

交通ルールを教える際に、横断歩道を渡るとき、ただ「車よく見たの?」ではなく

横断歩道は止まらない車もいるんだよ、とか、信号を無視する車もいるので

必ず車は止まってくれるなんて思わないでなど

具体的に教えることが必要なんですね

この記事を友達にシェアする
目次