格安でホームページ作るならRhapsodieがおすすめ! このバナーをタッチすると専用記事にジャンプします!

【つぶやき】「痛み解消記事」肩こりでディスクワークつらい!仕事中解消したい

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

ツラい肩こりの悪影響

こんにちは!

Web Service Blogです



今日は、なぜ肩こりになるのか?についてのお話しです。

肩こりとは、首すじや、首の付け根から肩・背中にかけての筋肉が固くなり、

重さ感、だるさ、疲労感、痛みなどを感じてしまう症状です。

ですので病気とは違います!

中には肩こりを感じにくい人もいると思います。

肩こりの痛みは、メンタルの状態と関係が深く、

心に問題があると痛みとなって現れることも。

ですので、ストレスが少なかったり、

良い具合に肩の力を抜いて生活をおくれる人は、

肩こりとは無縁かもしれません。

ですが

精神的ストレスを多く感じている方が多いはずです!

その中でも肩こりや腰痛などの痛みを患いやすく、

さらに鬱症状のある方は、肩こりの痛みが治りにくいという記事もあります。

肩こりが日常的に慢性すると、メンタルも不安定になる事もあるので、

単なる肩こりといえど、舐めてはいけません。

実は、そんな肩こりですが簡単に治せます

結論!◯◯の疲れを回避するさせれば、肩こりスッキリ






目の疲れを回復せよ


なぜなら目の疲れは、

目のピントを合わせる調節筋肉がうまく作用しないことで発生します

ストレスや過労が原因で自律神経が乱れてしまうと、

この筋肉に影響が及んでしまい

目の焦点が合わせにくくなり、

結果的に、

その不快感が肩や首、背中の筋肉のこりへと繋げてしまうのです。

これが「肩こり」です

目の疲れを放置しておくと、

頭痛を引き起こしたり、肩だけでなく首や背中など

腕の部分にも不快感が広がり始め、

どんどん重症化してしまいます。



実践具体例



私は仕事中に、

PCを使用した作業が13時間を超えると明らかに肩こりがが起きました。

そこで実践したのが

少なくとも連続作業は1時間までにして

長時間の同一姿勢は避け机から離れ別作業

照明やPCディスプレイの明るさを明るすぎないように設定

休憩時間には少し歩いて血流改善

窓の外や遠くを見て、目と心を休ませるなどです。



直接的に肩こりに働きかけなくとも、目の疲れを回避する手段は、

肩こりにも有効で次の仕事もスッキリです

お手軽な肩こり解消法ですが

目の疲れを解消させるだけで、

以前よりは肩こりが解消したと思えるようになりました。

この記事を友達にシェアする
目次